このたびNPO法人屋上開発研究会では、環境問題、人口減少問題およびそれによって影響を受ける都市の形態や産業構造の変化など、様々な要因で大きく変貌している事が予想される40年後の近未来の都市空間を見据え、現在の技術や法制度にとらわれずに、近未来の屋上空間利用の在り方についてのアイデアや提言を募集する事としました。

理系、文系を問いません。新鮮でユニークなアイデアを期待しています。

募集要項

募集テーマ
現在の技術や法制度にとらわれず、2050年という近未来の屋上空間の在り方についてのアイディアや提言
上記テーマについて、図面、イラスト、文章(グラフやフローチャート等図式含む)のいずれかで提出
主催
特定非営利活動法人屋上開発研究会 ( http://www.sky-front.or.jp )
後援(申請中)
国土交通省/(財)日本建築センター/(財)都市緑化技術開発機構/(財)建築環境・省エネルギー機構/日経アーキテクチュア・日経エコロジー
特別協賛
三菱地所株式会社三井不動産株式会社森ビル株式会社財団法人日本建築センター株式会社竹中工務店旭化成ホームズ株式会社東京ガス株式会社田島緑化株式会社株式会社町田ひろ子アカデミー株式会社丹勝、株式会社リビック、東邦レオ株式会社アースコンシャス株式会社ダイトウテクノグリーン株式会社
審査員予定者
審査委員長 輿水 肇 明治大学農学部教授(元造園学会会長)
審査委員 岩村 和夫 東京都市大学都市生活学部教授/建築家 
  町田ひろ子 町田ひろ子アカデミー校長/インテリアコーディネーター
  梅干野 晁 東京工業大学大学院総合理工学研究科教授
  真部 保良 日経BP社日経アーキテクチュア編集長
  小川 陽一  財団法人都市緑化技術開発機構専務理事
  立石 真 NPO法人屋上開発研究会理事長

(順不同・敬称略)

賞
最優秀賞(賞状及び副賞20万円相当)
優秀賞3点(賞状及び副賞10万円相当)
ほか入選2点(賞状及び5万円相当)  計6点
応募資格
現在、4年制大学又は、大学院、短期大学、工業高専及び専門教育機関在学中の者
提出期限
平成22年11月25日(木)  ※当日の消印有効
質疑受付
平成22年9月1日〜平成22年9月30日まで
質疑内容は下記宛(応募提出先に同じ)FAXまたはEメールにて、受け付ける。なお、質疑についての回答は、平成22年10月15日の当研究会ホームページに掲載する。
応募方法
応募作品の表現は自由であるが、なるべく視覚に訴えるものであることが望ましい。作品は提案内容の主旨を含め(1)コピー(A3版2枚で表現のこと)、(2)電子データ(PDF形式のCD)の両方を提出。
応募提出先 (質疑も同じ)
特定非営利活動法人
屋上開発研究会事務局「提案競技係」宛 
〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-18 TVB曙橋ビル7F 
FAX 03-3358 -1535
メールアドレス info@sky-front.or.jp
入選発表、及び表彰
入選作品は、平成22年12月初旬に決定。最終決定は平成23年3月上旬の公開プレゼンテーション後、決定します。

質疑及び提案応募用書式のダウンロード

質疑及び提案応募用書式のダウンロード(PDFファイル)

過去の学生による屋上利用提案競技

「第6回学生による屋上利用提案競技」
公開審査会レポート
審査結果・講評
「第5回学生による屋上利用提案競技」
公開審査会レポート
審査結果・講評
「第4回学生による屋上利用提案競技」
公開審査会レポート
審査結果・講評
「第3回学生による屋上利用提案競技」
公開審査会レポート
審査結果・講評
「第2回学生による屋上利用提案競技」
公開審査会レポート
審査結果・講評